ニュース

2014年7月25日 (金)

ただいま臨時議会中! 大阪都構想 大激突日

大阪都構想の法律

この法律に基づいて、協議会を設置。

その協議会の規約

協議会は、次に掲げる事務を行う。

協定書を作成すること。

さて、臨時議会での大阪維新の会の質疑や討論から、重要箇所を抜粋して掲載しておきます。

「質疑」より

二日前の去る7月23日のことでございます。第17回 大阪府・大阪市特別区設置協議会、いわゆる法定協議会において、大阪市の区域における特別区設置「協定書」が作成されました。

大阪市における特別区の設計図である「協定書の議論」は、「大阪府議会」、「大阪市議会」という次のステージへと進んだのであります。

今後は、大阪府議会の本会議場で大いに協定書について議論をすべき。

法定協議会は、第1回から1年半が、それ以前の大阪にふさわしい大都市制度推進協議会から含めると約2年半の議論の時間がありました。

大阪府市にとって重要な議論であることは、万人に共通の意識であるにも関わらず、2年半にも及ぶこの間、一向に大阪の統治機構について建設的な提案がなされることはなく、いたずらに時間を浪費する、時代遅れの政治ゲームに府民は付き合わされてきました。

そこで、法定協議会の正常化に向けての民意を問うため、出直し大阪市長選挙が行われました。その結果は、ご承知のとおりで、この選挙において、最高の主権者である住民のうち377,472 人は、都構想の賛否は「我々に判断させよ」との明確な意思を示されたのでありました。

法定協議会とは、まず、大阪の統治機構改革についての然るべき方向性を、建設的な提案のもと提示していく協議会であります。その然るべき方向性をあきらかにしたものが、設計図である、大阪市の区域における特別区設置協定書であります。出直し市長選挙の民意と、法、規約に誠実に従い、一日も早く協定書を作成することが、法定協議会の責務でありました。

この協定書をもとに、今後は府議会、市議会で協議することとなります。より良い協定書とするために、正すべき点があれば、議会で議論を尽くし、修正するという過程が、7月23日の法定協議会で確認されました。

そして、最後は住民投票で、直接住民に是非を問う、という極めて民主的な段取りで進めていくものであります。

法定協議会は建設的な提案、すなわち協定書を、府民の代表である議会にはかる、いわばプロジェクトチームであり、この法定協議会で2年半も反対意見ばかりの入り口論で、いたずらに時間を費やすことは、議会人としてあってはならぬ行為なのであります。

本当に法定協議会の目的に従い、誠実に職務を行ってきたと言えますか。我々には、やはり明らかな法定協議会つぶしだと思えてなりません。

浅田会長は、何度も注意した。住民にとって大事な議論であるのに、入り口論で2年半も費やす姿勢が問題である。

出直し市長選挙後の今年3月28日、橋下大阪市長から浅田法定協議会会長に、法定協議会の正常化について申入れがありました。これに対し、浅田会長は真摯に調査をされ、6月9日に各会派代表者に、この調査結果をお伝えするとともに、ご意見があれば提出していただきたいと伝えられた。しかし、いずれの会派からも、ご意見はなかった。

弁明の機会が与えられていたにもかかわらず、何もされなかったというのは、弁明する余地がないとの理解。

やむなく、規約に違反する発言を繰り返す委員を、「規約の目的に対して誠実に職責を果たす委員」に差し替えるよう、議会運営委員会に提案したのでありました。

また、法定協議会を欠席するという意思決定をされた会派もありました。法定協議会の設置に賛成しておきながら、欠席を決めるという姿勢は、誠実に職責を果たすに当たらないと考えます。また、府民にとっても誠に理解しがたいことであります。よって、我が会派は、この時も残念でありましたが、そのような意思決定をされた委員について、「規約の目的に対して誠実に職責を果たす委員」に差し替えるよう、やむなく、議会運営委員会に提案したのでありました。

欠席するとの意思決定は、法定協議会に反対する姿勢を示され、規約に反していると考えます。

我々大阪維新は、会派割合を無視するものではありません。むしろ順守しているのであります。

繰り返しますが、法定協議会会長に再三注意を受けたにもかかわらず、規約に違反する委員や、法定協議会をボイコットされる委員がおられたので、協定書を作成するという目的を誠実に果たすため、やむなく、法、規約を順守する委員に差し替えを提案したものであります。この差替えも、元の会派割合を崩すことなく行ったことは、改めて言うまでもないことであります。

その後、委員の差し替えによって、法定協議会は正常化され、前向きな議論が行われ、7月23日に、ようやく協定書が作成されたのであります。

我々は、議会の本会議が、少数会派の意見も聞くことができ、一番民主的な議論の場であると考えている。本会議で議論するのがベストであると考えている。大いに議論をしようではありませんか。

「討論」より

協定書についての議論の場は、法定協議会から、

大阪府議会、大阪市議会という次のステージへと進んだのであります。

繰り返しますが、法定協議会では、あえて、府市の議会から協定書の修正提案があれば、積極的に応じる、との決定もなされております。

今、法定協議会委員の推薦手続の議論に労力を費やしている。この本会議場で、より良い大阪の姿のために、一刻も早く、協定書の中身について議論を始めようではありませんか。

再議のときの「討論」より

我が会派は、大阪府・大阪市特別区 設置協議会において、一貫して、法と 府議会における議決に基づく規約を順守し、協定書を作成するという、規約の目的に対して誠実に職責を果たしてまいりました。その姿勢の、どこが横暴だとおっしゃるのでしょうか。まったく、理解に苦しむのであります。

他方、各会派は、協議会会長から、再三、規約違反の発言を指摘されたにもかかわらず、これを無視し続けました。

協議会委員の差替えがあったことを、協議会欠席の理由と述べられましたが、これは、ボイコットを正当化するための詭弁であり、断じて許されるものではありません。

各会派は、昨年11月の協議会における意見開陳で、会派の見解として、規約に違反する態度をはっきりと表明されました。

こうした、協議会会長の指摘を無視し続ける態度こそ、横暴であります。

先ほど、上程議案への質疑の答弁で、法定協議会の浅田会長に対するご意見がありました。

しかし、浅田会長は、協議会を代表し、会務を総理するお立場から、公平に、調査の基準を決定し、法、規約に違反する発言を指摘されたと伺っています。

調査結果は、公文書であり、会長の私的な見解や私文書であるとの意見は、まったく当たらないのであります。

協議会会長の指摘に抗弁することもなく、無視を決め込む。大阪市議会の委員は協議会をボイコットする。

こうした態度は、民主主義の原点を放棄した許されない行為の連続であります。

協定書の中身については、この本会議の場で、堂々と議論すべきであり、その是非は、住民投票において、住民自身が 直接、判断するものであります。

法定協議会の正常化に向けて行われた出直し大阪市長選挙に、他会派は候補者を立てることもせず、この選挙において、最高の主権者である住民のうち377,472人が示された、都構想の賛否は「我々に判断させよ」との民意を、どのように感じておられるのか、あまりにも軽んじていると言わざるをえません。

府民の代表として、民意に応えるという職責も果たさず、報酬を得ていることに恥ずかしくはないのかとさえ思えてなりません。

そもそも、国において、大都市地域特別区設置法を制定したのは、公明、自民、民主の各政党であり、我々は、その法の手続きに則って、粛々と進めているものであります。

民主主義を無視しているのは、公明、自民、民主の各会派の府議会議員、大阪市会議員 諸兄であります。

本条例案に基づき、協議会委員の推薦手続きを変更することにより、協議会の円滑な運営に支障が生じ、設置目的を果たすことが出来ないのは、明白であります。

本音では 都構想を進めたくない議員たちが、自らの保身のみを考え、理解に苦しむ条例案を打ち出し、住民不在の政治闘争に持ち込もうとしています。

こんなものには、付き合っては いられません。

2014年1月27日 (月)

朝立箱作駅救急車

朝立箱作駅救急車
新年初めての朝立は、箱作駅。

冬至から、まだ1ヶ月ですので、朝6時は真っ暗。

本日は、ホームで人が倒れまして、救急車で運ばれました。

人命救助にあたられた、通勤の皆さま、お疲れ様でした。

駅員の方が、人命救助にあたられた方々の御名前等、知りたいようですので、機会があれば申し出てあげて下さい。

心臓マッサージは、出来ないとダメですね。過去に何度も習った覚えがあるのですが、いざというときに使えないとね。もう一度、習っておこう。

通勤の皆さま、駅員さん、救急の方々の手際の良さに脱帽でした。

2013年11月27日 (水)

2014年 維新政治塾 塾生募集!

2013年12月26日(木)17時 必着

Seijijukukinkibanner_3

http://oneosaka.jp/seijijuku_bosyu2/