フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 頭の上に土砂『人殺し政策(万世にわたって阪南市民の命を犠牲にする政策)』という言葉、大変申し訳ありませんでした‼️言葉を改めます‼️ | トップページ | 坂の上の雲 愛媛県庁へ 視察 市町村DX »

2022年11月22日 (火)

阪南市、オレを訴えるってよ! 面白い、受けて立つ‼️

昨日の報告の通り、愛媛県庁に向かっています。私の単独視察は、すべて日帰りです。

さて、移動中、ヒマなので、やっぱり書きましょう‼️

阪南市の旧下荘村、今まさに、「頭の上に土砂」の下流域にある集落ですが、かつて『衆議院議長だった松田竹千代先生の出生の地』なんです。今も、代々のお墓が残っています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/松田竹千代

私が、下荘小学校の生徒だった頃、なんこか上の学年で、『フナムシの観察』が、学生科学賞の文部大臣賞を受賞しました。松田竹千代先生は、文部大臣にも就任されたことがあり、郷土の小学生の何年にも渡る『フナムシの観察』を取り上げてくれたんです。

その後、幾年もの年月が流れ、前田先生や河原さんなどが『カニの観察』やアマモなど海の観察を小学校の生徒さんたちに教えて、再び、学生科学賞受賞の地域に。

かつて、小学生の時に、放課後、下荘小学校の理科教室に忍び込んで、まさに『フナムシの観察』の原本を見て、これか、大臣から表彰された観察はと、震えたのが、私。多分、田村君も、幼馴染達は、同じような経験をしたハズ。

お互いに、娘や息子の夏休みの観察は、トンボやウミホタルの観察で学生科学賞を受賞している。

偶然じゃなくて、幾年もの長い時を経ながら、松田竹千代先生の遺志を受け継いでる。

今まさに、「頭の上に土砂」の下流域にある下荘の集落は、こんなまち。

バカみたいな土量を頭の上に置き、万世の渡って危険な状態を、我々の世代が作り出す事を、多くの住民は『末代までの恥だ』と認識している。

計画地内で土量バランスが原則‼️

そもそも、祖国日本に、我が国民、その子々孫々の万世に渡って、生命財産を危険に晒す様な、侵食を経る頭の上の山間部にバカみたいな量の土砂を持ってきて盛って、いずれ崩れて人を殺す『時限爆弾』をセットする政策は、何度も言いますが、間違っている‼️

237万㎥も残土を持ってくるな‼️

計画地内で土量バランスが原則‼️

計画地内で切土、盛土の土量をバランス、そして、環境への影響を最小限に‼️

これが、海まで1.5km、盛土から池や河川までスグ、直近の谷筋住宅地まで600mの常識。

もっと少ない量でも、大臣などが述べている。

熱海土石流は死者行方不明者28人、海まで2km、搬入残土7.5万㎥、うち5.5万㎥が土石流として流出、残り2万㎥は行政代執行で静岡県が税金を使い現在撤去中。

私が使った『人殺し政策』って、阪南市民の方から頂戴した言葉なんです。住民のみなさんの「あっ」て思った言葉、心に刺さった言葉を使っている。

この言葉、推進派の多くのみなさんから批判を受けるけど、市民の言葉なんだ。府議として私の府議会での発言を完全に無視している阪南市役所と有権者との会話から頂戴した言葉を使う府議とガチンコの対決してます。

阪南市が、私を訴えるそうです。当然、受けて立ちますよ。阪南市という行政が進める盛土について、全国的に広まり、全国的な議論になる事を私も望みます。

訴えろよ‼️

受けて立つ‼️

民意も得ずに、誰にも知らせず、黙って、勝手に進める阪南市、どうぞオレを訴えて下さい‼️

一事業者の手先になって、情報公開請求しても資料のない昭和テイストの盛土を根拠にしていてOKなのか、現在、全国どの自治体を回ってもこんな事業を市役所が後押ししていると公務員が知った時の驚きの顔を知っている、令和テイストの私が間違っているのか、是非、司法の場でも議論しましょう‼️

つまるところ、昭和テイストvs令和テイストを、司法の場で議論し戦うという事だな。

阪南市の取り組み、全国的な議論にしましょう‼️

訴えられる前に、阪南市を訴えるということもアリだな。
維新対決なので、全国的にも大注目だな。
弁護士は、やっぱり「橋下とおる」弁護士かな。
かなり面白いぞ、この裁判。

その前に、私は政治家なので、政治の場で頑張るべきだな。12月大阪府議会をご注目下さい‼️

この理屈でいくと、阪南市が司法に逃げるのは、阪南市が行政としての役割を果たしていないということだな。

まあ、市の役割をしっかり果たしていれば、市の実力全国ワースト10にはならないな。

そして、
自然災害で命を落とした方々の無念の思い、
残された今命ある我々がその思いを汲んで取り組まなければならないこと、
鳥取ダム横にある「赤間文三大阪府知事の水難者慰霊之碑」に、大阪府初の民選知事、赤間文三大阪府知事が託した思い、
11年前の和歌山紀伊半島災害を経験した仁坂知事の言葉、
そんなことに、思いを馳せたこともないんだろう。
郷土への思いも、役所からは、まったく感じない。

Cfe5aca3d0d14f2bbcbcc836a4afec8b 784f0b00b1db441398cf65164f7829f1

« 頭の上に土砂『人殺し政策(万世にわたって阪南市民の命を犠牲にする政策)』という言葉、大変申し訳ありませんでした‼️言葉を改めます‼️ | トップページ | 坂の上の雲 愛媛県庁へ 視察 市町村DX »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 頭の上に土砂『人殺し政策(万世にわたって阪南市民の命を犠牲にする政策)』という言葉、大変申し訳ありませんでした‼️言葉を改めます‼️ | トップページ | 坂の上の雲 愛媛県庁へ 視察 市町村DX »