フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 考え方の違いは、土地造成など、現在の環境アセス等の上書、バージョンアップできてないからか? | トップページ | 整理! 選挙区内(大阪府田尻町、泉南市、阪南市、岬町)での大規模な土砂搬入の現状 »

2022年11月 4日 (金)

和歌山市にも、情報公開請求してました!

今日、開示回答書がでました。

ある「先生」が、和歌山の事をおっしゃっていましたので、調査していました。

 

まず、和歌山県の環境アセス条例が制定される前にアセスをしていて、

要綱による環境アセスの手続きに。

こちらを和歌山県に情報公開請求しましたが、古すぎて文書が残っておらず、

非開示決定となりました。

要綱時代の環境アセスと条例施行後の環境アセス、そして、実際の工事と違った場合の取扱いは、

ひとつ前のブログをご確認下さい。

 

次に、今日の和歌山市の文書。ちゃんと書いてあります。

しかし、搬入土砂かどうかは分かりませんが、

計画地内で切土、盛土のバランスは、阪南より遥かに、バランスしています。

これは、実数です。環境アセスのような計画値ではありません。

そして、他県のことであるので、正確な数字の記載は控えます。

 

ということで、

(仮称)阪南市西部丘陵地区産業集積用地造成事業(搬入土砂237万㎥)について、

もう少し、市でも、議会でも、まじめに扱って頂けませんか。

« 考え方の違いは、土地造成など、現在の環境アセス等の上書、バージョンアップできてないからか? | トップページ | 整理! 選挙区内(大阪府田尻町、泉南市、阪南市、岬町)での大規模な土砂搬入の現状 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 考え方の違いは、土地造成など、現在の環境アセス等の上書、バージョンアップできてないからか? | トップページ | 整理! 選挙区内(大阪府田尻町、泉南市、阪南市、岬町)での大規模な土砂搬入の現状 »