« 災害の起こる集中豪雨の発生メカニズム 和歌山管区気象台公表資料 | トップページ | 近年、盛土、ハウスメーカー »

2022年9月27日 (火)

中央構造線

地元の地質についての学識経験者の方から、ご指摘を頂いたのは、和泉山脈は、南海トラフよりも、中央構造線の方が重要になると。

南海トラフは周期が分かっているので対策を取りやすいのですが、中央構造線の周期は分かっていない。

断層は、和泉山脈の南斜面(和歌山側)の麓から、北側に向かって断層が地下へ入っているので、直下になるんだよと。

従って、南海トラフで震度5と想定したら、中央構造線は震度7位のイメージ。

« 災害の起こる集中豪雨の発生メカニズム 和歌山管区気象台公表資料 | トップページ | 近年、盛土、ハウスメーカー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 災害の起こる集中豪雨の発生メカニズム 和歌山管区気象台公表資料 | トップページ | 近年、盛土、ハウスメーカー »