« 土井達也の限界突破 1日1政策 : 大学の先輩でした 神出政巳(じんでまさみ)和歌山県海南市長 | トップページ | 土井達也の限界突破 1日1政策 : 平成の大合併 検証 幻の『南泉州市』 再考 »

2022年2月 4日 (金)

土井達也の限界突破 1日1政策 : 平成の大合併 検証 スケールメリット 人件費

Ma

平成の大合併で、約20年間を経て、

旧海南市と旧下津町の地域では、

年間約19億円ほどの行政コスト削減の効果を出しています。

一般的に、合併のスケールメリットといわれる部分。

« 土井達也の限界突破 1日1政策 : 大学の先輩でした 神出政巳(じんでまさみ)和歌山県海南市長 | トップページ | 土井達也の限界突破 1日1政策 : 平成の大合併 検証 幻の『南泉州市』 再考 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 土井達也の限界突破 1日1政策 : 大学の先輩でした 神出政巳(じんでまさみ)和歌山県海南市長 | トップページ | 土井達也の限界突破 1日1政策 : 平成の大合併 検証 幻の『南泉州市』 再考 »