« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月11日 (金)

土井達也の限界突破 1日1政策 : 平成の大合併 視察 和歌山県有田川町編はオンラインで

Dvc00490_20220211165001

ご対応頂きまして、誠に、ありがとうございました。

2022年2月 9日 (水)

土井達也の限界突破 1日1政策 : 全国公募 新聞記事

20220209

いろんな面から、全国初です。

変化は、周辺から起こる。

土井達也の限界突破 1日1政策 : 全国公募 記者会見!

1_20220209092701 2_20220209092701

久しぶりに、関空記者クラブにて、記者会見。

泉南市長選挙の全国公募等の発表。

土井達也の限界突破 1日1政策 : 泉南市長選挙 支部推薦者 全国公募 予備選へ!

Img4490

全国公募特設サイト:維新泉南支部 (coocan.jp)

 

2022年2月 7日 (月)

土井達也の限界突破 1日1政策 : 平成の大合併 検証 和歌山県有田川町編

明日、オンラインで、合併経験者の方から、お話しを伺う予定です。

https://www.town.aridagawa.lg.jp/top/kakuka/kibi/3/3/3/998.html

2022年2月 6日 (日)

土井達也の限界突破 1日1政策 : 住民投票

Photo_20220206094701

和歌山市IR住民投票条例案は和歌山市のIR反対の団体さんから、大阪市IR住民投票条例案も反対の方々から。

結局のところ、住民投票というのは、何か物事を潰すための手段であって、成し遂げるための手段ではない。

これが、結論。

地方自治法との兼ね合いが重要。

土井達也の限界突破 1日1政策 : 予備選

Photo_20220206094001

予備選で、マニフェスト発表会や討論会、立会演説会を経て、党員投票で、支部推薦者を決める場合、

公選法ではこのような決まりごとがあるので(無視してやっているところもあるようですが)、選考過程をフルオープンでお見せし、誰に決まったのか結果を広く公表することは、公選法違反となるようです。

選挙期間以降に公表するのは、大丈夫ですけど。選挙期間前は、事前運動にあたる可能性があると。

2022年2月 4日 (金)

土井達也の限界突破 1日1政策 : 平成の大合併 検証 和歌山県内の合併特例債の枠(和歌山県市町村課調べ)

なっ!なっ!なっ!

なんとっ!

和歌山県内全体で、平成の大合併の『合併特例債』の枠は、

1600億円!

20年前、大阪府内の市町村が、合併でこれらの金額を

「世界と戦う地域を創る!」ための投資に使えば、

また違った物語があったんでしょうね~

 

土井達也の限界突破 1日1政策 : 平成の大合併 検証 幻の『南泉州市』 再考

Photo_20220204085601

今後、20年前の幻の『南泉州市』を再考してこうと思います。

当時、すでに大阪府議会議員だったので、法定協や住民投票の過程には私自身かかわっていませんでしたが、住民投票の選挙運動期間は、当時公文市議と合併『賛成』で、一緒に街宣車で回った思い出があります。

土井達也の限界突破 1日1政策 : 平成の大合併 検証 スケールメリット 人件費

Ma

平成の大合併で、約20年間を経て、

旧海南市と旧下津町の地域では、

年間約19億円ほどの行政コスト削減の効果を出しています。

一般的に、合併のスケールメリットといわれる部分。

2022年2月 2日 (水)

土井達也の限界突破 1日1政策 : 大学の先輩でした 神出政巳(じんでまさみ)和歌山県海南市長

6b06eb107ed3481c832a24ec0a32ddb4

大学の先輩でした。
神出政巳(じんでまさみ)海南市長と。
面白いお話しをたくさん聞かせて頂きました。
ありがとうございました。

土井達也の限界突破 1日1政策 : 平成の大合併 視察 和歌山県海南市編

93909c82a5dc44ddbd97344c285a5cad 8fe11749aaba4e33af429428bc049eac

平成の大合併で、50市町村が30市町村になった和歌山県内。

平成の大合併・視察 海南市編

塩崎貞男海南市副市長から、お話しを伺いました。
庁舎が立派です。和歌山は、南海東南海地震があるので、災害対策本部機能として庁舎は非常に重要だと考えています。
この庁舎も合併の特例債で建設。市の負担額は、4億円くらいだったと。
平成の大合併、大阪府内は選択を間違えたのかもしれません。
実は、まだ特例債の終了期限はきていないのです。最初の10年、延長5年、また延長5年。実際、使いきれずに、延長されてきたそうです。平成17年度合併期限から延長されて20年間、令和7年まで、あと4年間も、合併特例債の枠を使えるそうです。
スゴい話だ。
当時、単独でいけるのだと説明会などありましたが、結果、こんなに違うまちの様相になっている。

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »