« 19区支部長経歴 | トップページ | 2.大阪府議会の議会改革は、『月刊ガバナンス』で紹介されています! »

2021年1月23日 (土)

1.そもそも、捨て身の「大阪府議会」 大阪のためなら何でもする!

 2021.1.4の大阪新年互礼会で申し上げた通り、

大阪府議会議員は、報酬等の減額を始めてから、

現在、累積約50億円も、削減しています。

府議一人当たり5千万円も手にすることなく、

一般財源へ。すごいでしょ?

 そもそも、大阪府議会議員は、「捨て身」なんです。

50

 以下に、2021.1.4大阪新年互礼会の原文を掲載しておきます。

『生もなく 死もなく すでに 我もなし・・・』

 そんな「過酷な時代」を、我が国の先人たちは幾多も経験し、命懸けの「たすき」を、次の世代へ、次の世代へと託してくれて、今年も私たちは新年を迎えることが出来ました。そして今、私たちもコロナという「過酷な時代」に、直面しています。

 我々大阪府議会議員は、全国の都道府県議会議員のなかでも、最低の報酬額しか、受け取っていません。しかし、我々の士気は高く、例えば「議会改革」の全国ランキングなどでは、大阪府議会は日本一の成績を収めるなど、全国トップレベルの取り組みを行なって参りました。

 また、この間の、報酬や定数の削減による、その削減総額は、約50億円。大阪府議会議員一人当たりに換算すれば約5千万円以上。これを受け取ることなく、一般財源に入れ、大阪府民の皆様の政策に回してきました。自らの報酬すら財源とし、「大阪のためなら何でもする」、大阪府議会はそんな覚悟を持った議会でもあります。

 コロナを克服し、大阪を成長させ、そして、世界の中で躍動する大阪へ、880万人の大阪府民のみなさんが、大阪を舞台に、大いにご活躍頂けますよう、我々大阪府議会は、大阪が直面する、いかなる困難に対しましても、全力で挑み続け、新たな道を拓き、絶対に突破して参る所存でございます。

 本年も、府民の皆様のご健勝とご多幸を心から祈念申し上げますとともに、大阪府議会、そして、府内各地の、大阪府議会議員を、何卒よろしくお願い申し上げます。大阪府議会を代表し、議長の、私土井達也から、新年のごあいさつをさせて頂きました。本年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。

当日のYouTubeは、こちら。

https://youtu.be/9e9EwUMMLPg?t=5256

現在までの「大阪府議会の議会改革」については、こちら。

Microsoft PowerPoint - å¤§éŸªåºœè °ä¼ıㆫã†−ã†‚ã‡‰è °ä¼ıæ© è…½å¼·å„Œã†®å‘Œçµ— (coocan.jp)

« 19区支部長経歴 | トップページ | 2.大阪府議会の議会改革は、『月刊ガバナンス』で紹介されています! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 19区支部長経歴 | トップページ | 2.大阪府議会の議会改革は、『月刊ガバナンス』で紹介されています! »