« 2020年1月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月17日 (金)

大阪府HP「新型コロナウイルス感染症の発生により経営に影響を受けている中小企業者の皆様へ」

Dvc00278 Dvc00277

http://www.pref.osaka.lg.jp/keieishien/corona/index.html

府内市町村の商工会議所・商工会、

金融機関・信用保証協会の支店、

生活資金は府内市町村の社会福祉協議会などが、

具体的な窓口となります。

 

しかし、まだ国や都道府県は「案」段階が報道されているものが多く、

実際に動き始めるのはこれから。

「大阪府休業要請支援金」等も、これからです。 

2020年4月16日 (木)

URL変更!『土井達也 公式ホームページ』

土井達也 公式ホームページ』 は、

http://doitatsuya.world.coocan.jp/index.htm

2020年4月15日 (水)

『雨合羽』 寄付受付の窓口は、大阪市になります!

■大阪市HP「医療現場の防護服の不足に伴う、雨合羽の提供のお願い」
https://www.city.osaka.lg.jp/kenko/page/0000501001.html

(参考)市HP掲載概要
医療現場の防護服の不足に伴い、自宅等で保管されている不要な雨合羽(未使用・未開封)がありましたら、大阪市に提供してください。

○雨合羽の形状
 大人用であれば、形状・サイズ・色などは問いません。 (注)ポンチョも可

○寄附方法
 郵送または持込み (注)申し訳ありませんが、着払いは対応できません。

○送付場所及び持ち込み場所
 大阪市 健康局 総務課あて
 〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号

○その他
 大阪市民であるか否かを問わず、どなたでもご提供ください。

○問合せ先
 大阪市健康局総務部総務課
 住所:〒530-8201 大阪市北区中之島1丁目3番20号(大阪市役所2階)
 電話:06-6208-9892 ファックス:06-6202-6967

『Zoom』を使ったネット幹事会 / 新型コロナ対策 緊急知事要望

9ce2f567a8a14fbe9df00f23b9e8f981

 初めて幹事会でネット会議を行いました。

『Zoom』というアプリを使って。とても簡単。

セキュリティは、弱いらしいですが・・・

本日、維新府議団から吉村知事に緊急知事要望を行いました。維新の府議団が府民の皆様から頂戴したお声を要望書にまとめ、知事に提出しました。

4月24日、27日、大阪府議会の臨時議会を開きます。非常事態宣言中でありますので、議員全員出席ではありません。感染拡大にならないように、人数を絞って臨時議会を行います。

2020年4月 5日 (日)

「マスク」って、考え方次第で、何とでもなるよな〜

30de718bcf8841b39365fa2f79db6d30

「マスク」を縫わずに簡単にしかもカッコよく作る方法が、YouTubeに。

https://youtu.be/SZt0pymiZwQ

 

マスクって、「ネックゲーター」でも代用できる。
近所のワークマンで580円。いっぱい並んでる。
マスクって、考え方次第でどうにでもなるんじゃないか?

https://wanderinglife55.com/face-mask/

2020年4月 2日 (木)

大阪維新の会 大阪府議会議員団 英語表記:Osaka Innovation Party Osaka Prefectural Assembly

10年前の平成22年(2010年)4月1日、今の形である大阪維新の会・大阪府議会議員団を設立した。

当時の設立趣意書や団則は、こちら

大阪維新の会・大阪府議会議員団の英語表記は、「Osaka Innovation Party Osaka Prefectural Assembly」で、「Innovation」なんです。

イノベーションについては、

https://ja.wikipedia.org/wiki/イノベーション

https://journalandbooks.com/economic-growth-innovation

新機軸、そして、大阪の成長を求めています。

府内の市町村の先生方がよく混同されているのですが、我々府議団は広域をにない、基礎自治体と役割を違えています。

設立趣意書にあるように、広域自治体が大都市圏域の成長を支え、基礎自治体がその果実を住民のために配分する」という新たな地域経営モデルの実現を目指しています。

同じ大阪維新の会の所属していても、大阪府議会議員と府内市町村議員の間で掲げる政策は違うハズです。

大阪府議会議員の政策をマネて市町村で使っても、それは違う。それぞれが、自分の役割をしっかり見つめ直し、その役割に応じた政策を掲げて実行していくべきである。

« 2020年1月 | トップページ | 2020年5月 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ