« 阪南市ホームページにて 議会の総意として、「旧家電量販店は子育てに関する施策で活用すべきでない」との意見 | トップページ | 平成29年度岬町戦没者追悼式 岬町立町民体育館にて »

2017年5月20日 (土)

ちょっと頭を冷やし、整理しておきたい 昨日の出来事など

阪南市役所のホームページから抜粋

「5月19日(金)に開催された市議会の全員協議会の場において、議会の総意として、「旧家電量販店は子育てに関する施策で活用すべきでない」との意見の取りまとめと、市長への申し入れが行われ、議会を通じた民意の表れとして、非常に重く受け止めたところです。」

昨年、阪南市議会は、旧家電量販店について、建物を購入し、土地を貸借する予算・議案に賛成された。これで、建物購入に3.8億円を支出し、土地に毎月270万円を支払っている。

そして、昨日、阪南市議会は、議会の総意として、「旧家電量販店は子育てに関する施策で活用すべきでない」との意見。

土地の契約は、子どもで使わなければならない契約。それで使わないならば、建物を撤去して更地にして地主へ返すのも契約。中途解約の違約金、国への返還金、建物解体費用など加味して、合計約6億円かかると先日の説明会で説明されていたらしい。

「旧家電量販店は子育てに関する施策で活用すべきでない」との意見は、市民負担を6億円増やす方針。

昨年は「使え」で契約など、使わなくなった場合には凄まじく市民負担を増やすところまでやりながら、今年は「使うな」で、契約上、市民負担を6億円増やす方針を打ち出す。

選挙はなかったので、市議会は同じ構成。

市長は、この間、交代している。

市民負担がそれほど増えないなら、購入などをすすめた議会が「旧家電量販店は子育てに関する施策で活用すべきでない」との意見を発するのは理解できるが、購入などをすすめた議会が、そういう契約をまくことを認めた議会が、途中でやめろと方針を転換し市民負担6億円の増加となる意見を発すること、市民は6億円負担してればいんだとの意見を発することは、私は理解できない。

今後、市は、議会の方針で動いていく。

昨日アップしたように市の選択過程における比較可能な資料がまったく公表されておらず、何をしているのか市民は分らないし、通常、市が発信した情報の根拠となる資料などは添付して市民すべてが確認できるようにしなければならなのに、まったく市の情報の根拠が担保されていない。そして、今度は、この議会の議員総意としての方針も分からない。

あまりにも閉鎖的な市役所建物内の村社会で物事を決めすぎていませんか?

そして、様々な意見があったとしても、説明会出席者50名程度。6億円の負担増加を良しとする市民はどれだけいるの?一部の数十人の市民を対象にした議論から脱却してもらわないと、全市民を対象にしてもらわないと。そのためには、まずは、『情報』が全市民に伝わっているかです。市民に比較検討が可能な資料を担保せず、複数案の中から市の選択した案の経過も分からず、これが唯一いい案だなんて・・・。全ての過程をオープンにしないと。事後になるけれど、PT資料や契約書関係は、オープンでしょう。そして、PTで3極案が示された過程を資料を担保にオープンにし、なぜ市の案として4局案を選択し、その4極案が他の案よりも優れているのか、資料を担保しながら市民に分かるように、ホームページで示して下さい。なぜ、いちいち情報公開請求をしないと公表されないのか。こちらからの情報公開請求で公開するのではなく、これを争点として当選した市長が自ら公開すべきです。

市も議会も、何をしているのか、まったく分りませんよ。

こういう状況を知っていただき、選択肢を示した住民投票はありではないかと思うのです。しかも、国への返事の期限もあるそうで、もう、この方向でいくと決めなければなりません。具体案を幾つか示し、選択する住民投票で決めるのは、この局面ではありではないでしょうか?とはいえ、住民投票に法的拘束力はありませんから、全市民対象のアンケートでも、結果は同じなんですけどね。

市長は住民投票を求める方々から支援され当選された訳ですが、昨日の議会の方針に反しますから市長からは言えないでしょうけれど、先日の特別委員会では、公明三原議員、共産大脇議員、無所属上甲議員が、住民投票に言及していますし、可能じゃないですか?公明の先生方主導なら、議員提案でも可決までもっていけるんじゃないですか?住民投票条例、作りましょうよ、私も協力しますよ。1拠点案は市長選挙で決着済み、なし。 A案=旧家電量販店を使用し、3拠点案 B案=旧家電量販店を使用し、4拠点案 C案=旧家電量販店を使用せず、5拠点案 D案=旧家電量販店を使用せず、7拠点案 で、それぞれに、 ①安全性、②持続可能性、③市民負担額、④完成期限、⑤配置バランス、⑥行政サービスの効率・充実などなどを比較可能にして、住民投票でいいんじゃないですか? この4案だと、市民のみなさんがどれを選択するか、どの案が最も多くなるのか、先生方も、市長も、職員のみなさんも、市民のみなさんも、まったく分からないと思います。当然、私ごときも分からない。結果は、誰も恨みっこなしで、一番多いもので決めていく。拠点案が定まれば、あとは子育てナンバー1へ知恵を出していくことに専念できる。 予算は、約1千万円。6億円の市民負担増と比べれば、市民は歓迎しますよ。市議選と同日が可能なら、ほぼ住民投票の費用は無くなります。

« 阪南市ホームページにて 議会の総意として、「旧家電量販店は子育てに関する施策で活用すべきでない」との意見 | トップページ | 平成29年度岬町戦没者追悼式 岬町立町民体育館にて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528374/65303761

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと頭を冷やし、整理しておきたい 昨日の出来事など:

« 阪南市ホームページにて 議会の総意として、「旧家電量販店は子育てに関する施策で活用すべきでない」との意見 | トップページ | 平成29年度岬町戦没者追悼式 岬町立町民体育館にて »