« 阪南問題 市議会で先生方が提案している通り、住民投票を実施し、複数案から最も投票数の多い案を選択することで決着すべき! | トップページ | なんと、「子どもの関係で、一切,、旧家電量販店は使うな!」 阪南市議会の議員全員の総意として・・・ 契約書通りなら、更地返却6億円の市民負担増 »

2017年5月19日 (金)

阪南問題 情報を隠すことなくオープンにしてすべての市民と共有することが至急必要なこと!現状は、寄らしむべし、知らしむべからずの典型のようになっている!改めよ!

阪南市のホームページで、子育て拠点再構築のPT(プロジェクトチーム)の議事録的なものが公開されています。
 
しかし、その検討資料は公開されていません。
 
我々の感覚からは、フルオープンで資料も公開が原則。
 
それが出来ていない。
 
もうすでに、新市長に変わって7か月弱。市民に、比較検討が可能な資料の公開はない。だから、何をしているのかさっぱり分からない。
 
PTの議事録を読めば、7拠点案、4~5くらいの案を出し絞る、行財政運営の持続可能性を見据えた現実的な再構築案を3~5案程度考察する、一案は7園所を残す、3極をベースに議論、PTでは2~6拠点の議論があった、PT案は3極案で中間とりまとめ、事務局案として4拠点案、旧家電量販店を返還する案、財政シュミレーション、財政シュミレーション上4拠点案と7拠点案は僅差などなどの言葉がならぶ。
 
市民は、4拠点案しか説明を受けていない。
 
というか、4拠点案の説明を受けている市民は、市議の先生方と説明会に出席した50名程度の市民のみなさん。私も、説明は受けていないが、資料をもらい読んでます。まあ、そんな程度。
 
こういった場合には、こうなるという比較検討できる資料を市民にオープンにすべき。
 
市役所の内部の村社会で、勝手に決めてよい話ではない。
 
しかし、決断はしなければならず、その決断が正しいことを検証できる比較可能な資料ともいえる。
 
しっかり、比較検討可能な資料を全市民にフルオープンせよ。

« 阪南問題 市議会で先生方が提案している通り、住民投票を実施し、複数案から最も投票数の多い案を選択することで決着すべき! | トップページ | なんと、「子どもの関係で、一切,、旧家電量販店は使うな!」 阪南市議会の議員全員の総意として・・・ 契約書通りなら、更地返却6億円の市民負担増 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 阪南問題 市議会で先生方が提案している通り、住民投票を実施し、複数案から最も投票数の多い案を選択することで決着すべき! | トップページ | なんと、「子どもの関係で、一切,、旧家電量販店は使うな!」 阪南市議会の議員全員の総意として・・・ 契約書通りなら、更地返却6億円の市民負担増 »