« 平成29年度岬町商工会通常総代会 | トップページ | 岬町の行政タウンミーティング 大阪府内最西端の集落・小島の集会所にて! »

2017年5月30日 (火)

阪南問題 決着へ 前向きに捉えたいと思います!

市議会の判断により、
このあたりで、阪南問題はほぼ終結です。
膨大な戦後処理は残っていますが、
子育て施設として幼稚園・保育所の選択肢は、大きくは1つに。
阪南市議会は、大きく考え方をジャンプした訳ですが、
解決の決着を得るためのジャンプであったと、現時点では、前向きに。
「9月市議選の争点にはしない」ということだと思います。

近隣の市や町の施策や整備など見ていると、
一昨年の12月から現在まで、
この間、阪南市は著しく遅れたことは否めないと思います。

このページ(私のホームーページ)で掲載している以上に、近隣市町は先をいっています。
朝立ちや歩けば分かりますが、子育て・教育の安定、児童・生徒の活躍など、
目を見張るものがあります。

朝早く、朝練のために部活に向かう生徒たち。
学校の壁には、全国大会出場の垂れ幕。
小学校の壁には、大阪大会や全国大会で優秀な成績を残した結果発表など、
自然環境豊かななかで、文武両道で様々な活躍をしている児童・生徒たち。
近隣市町では、以前から当たり前の風景。
先日、東京の講道館で、岬町柔道スポーツ少年団が全国ベスト16。
田代岬町長は、日帰りで応援へ。
そういう文武両道の田舎の良さが残る地域、
次の世代のために、
そういう地域を支える我々であったはず。

前を向き、阪南で子どもを育てるということ、
その値打ち高めるために、この遅れを取り戻す。
そのための今回の決着であると、
現時点では受け止めています。
 
 
29.0530 新聞各紙の記事
読売 / 産経 / 朝日 / 毎日
 

« 平成29年度岬町商工会通常総代会 | トップページ | 岬町の行政タウンミーティング 大阪府内最西端の集落・小島の集会所にて! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528374/65346871

この記事へのトラックバック一覧です: 阪南問題 決着へ 前向きに捉えたいと思います!:

« 平成29年度岬町商工会通常総代会 | トップページ | 岬町の行政タウンミーティング 大阪府内最西端の集落・小島の集会所にて! »