« 府庁にて、来客 議場見学 都道府県議会、現役の議場のなかでは、最古 国会議事堂よりも10年古い | トップページ | まずは、岬町つつじ祭り(淡輪)、そして、泉南市ABCまつり(体育館)、阪南市産業フェア(せんなん里海公園)と続きます »

2017年4月28日 (金)

阪南問題 水野市長の公約 当たり前のことを書いているだけ その内容はこれ

まず、2016年・阪南秋の陣における水野市長候補の「選挙公報」が下。

Photo

大きい版は、こちら。

次に、選挙期間中に配布できる証紙を貼ったビラ「法定ビラ」が、下。

表面

Photo_2

大きい版は、こちら。

裏面

Photo_3

大きい版は、こちら。

選挙期間中の有権者の投票行動に影響を与えた内容は、以上の通り。

選挙の時点で、無茶な事を言っていない。当選後、風呂敷を広げることはあったかもしれませんが、プロジェクトチーム(PT)を作って、検討していくというのが、基本ライン。

そもそも、現状の幼稚園、保育所の耐震診断すらなく、どこが使えて、どこが使えないのかすら分からなかったのですから。

法定ビラの裏面の「1」を読んでください。

こう書かれています。

「子ども館については、一極集中を白紙撤回します。

幼保すべてを一か所に集約させる現行案は、変更。明らかでないこれまでの決定過程をオープンにして、市民参画のもと見直しの議論と作業に入ります。」

この公約のどこがおかしいのか?

マスコミがいっている公約って何なのか?

さっぱり分かりません。

逆に、マスコミの方が、大きなミスを犯していませんか?

何が投票行動に影響があったのか、時系列で調べられた方がいいと思います。昨日の放送は、時系列を無茶苦茶にして構成されています。

以上の「選挙公報」と「法定ビラ」しか、選挙期間中は配布できません。

ちなみに、「市長報酬20%カット、市長退職金ゼロ」は、2016年12月の阪南市議会で上程、可決済み。公約達成しています。

「市長交際費ゼロ」は、この2017年3月定例会で予算措置していないので、こちらも、公約達成しています。

 

« 府庁にて、来客 議場見学 都道府県議会、現役の議場のなかでは、最古 国会議事堂よりも10年古い | トップページ | まずは、岬町つつじ祭り(淡輪)、そして、泉南市ABCまつり(体育館)、阪南市産業フェア(せんなん里海公園)と続きます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528374/65208701

この記事へのトラックバック一覧です: 阪南問題 水野市長の公約 当たり前のことを書いているだけ その内容はこれ:

« 府庁にて、来客 議場見学 都道府県議会、現役の議場のなかでは、最古 国会議事堂よりも10年古い | トップページ | まずは、岬町つつじ祭り(淡輪)、そして、泉南市ABCまつり(体育館)、阪南市産業フェア(せんなん里海公園)と続きます »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ウェブページ