« 大阪府議会2月定例会終わりました! | トップページ | 3月で最も日程が重なり過密な日 »

2017年3月25日 (土)

大阪府が悪い、責任があるということで、幕びきしたいようですが・・・、それは国の筋違い 森友学園問題

大阪府の私学審議会、

条件付き認可適当≠認可、
ここは、後程、詳細に。

そして、大阪府私学審議会会長の参考人招致で明らかになったこと。

「近畿財務局と府の担当課がずっと話し合いをしていると聞いており、土地取得の確実な見通しがあった」

「異例なケースだが、私学審の手続きに瑕疵はなかった」

また、近畿財務局が大阪府庁に実際に足を運んだのは、その前後4年間で1度だけ。その1度だけの内容は、森友学園のことで。

大阪府私学審議会の「条件付き認可適当」は、国が国有地を森友学園に売却するなどごちゃごちゃ言っているから、準備を進めてもいいですよという意味。

これは、将来「認可」を出すなら、設置基準を完全にクリアしないとダメで、途中で何かあっても「認可」は出しませんよということ。

結果、森友学園の申請書などに虚偽が見つかり、森友学園自ら認可申請を取り下げた。大阪府私学審議会は、何もしていない。

「異例なケースだが、私学審の手続きに瑕疵はなかった」ということ。

「異例」になったのは、近畿財務局の行動による。

そもそも、森友学園への「国有地」の売却が問題であり、地方自治体の大阪府なんて、関係ないよね。

以上が、大阪府議会2月定例会で明らかになったこと。

この問題、明らかにする舞台は、国ですよ。

しかし、いわれのないインネンや大阪府への責任の押し付けが国で行われたり、真相究明が国で出来ないなら、

そんなどうしようもない国なら、仕方がないから大阪府を舞台に真相究明してもエエで〜ということ。

まあ、今は、国がちゃんとやらんとアカン時期でしょう。

ちゃんと出来るかどうかが、問題。


だいたい、国権の最高機関、国会の国政調査権や証人喚問で明らかにすることが出来ない事項について、地方議会が100条委員会を設置したって、何も明らかにならないでしょう?

地方議会が100条委員会を設置したら、国権の最高機関を上回って、何でも明らかにできると思うのは、幻想。

だ、か、ら、 国権の最高機関で、ちゃんとしてしないとダメ。国有地売却に端を発しているのだから。

« 大阪府議会2月定例会終わりました! | トップページ | 3月で最も日程が重なり過密な日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528374/65062505

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪府が悪い、責任があるということで、幕びきしたいようですが・・・、それは国の筋違い 森友学園問題:

« 大阪府議会2月定例会終わりました! | トップページ | 3月で最も日程が重なり過密な日 »