« 祝!法定協議会再開! | トップページ | 事実が、正しさを証明する! »

2014年7月 3日 (木)

最後の切り札を無力化する?

朝日新聞だけ、

住民投票の専決処分

について、数日前から報道。

今日の朝刊・社会面で、

「~(都構想の住民投票の) 専決処分を封じようと、

市議会の維新以外4会派は

来年4月の統一地方選まで

通年で議会を開く方針を固めた。

~最後の切り札を無力化する狙いがある。」と。

ここまで住民投票を嫌がるのは、

やれば負ける事を確信しているからだと思う。

でも、これこそ、民意を無視した議会運営じゃないかな。

今まで「民主主義の崩壊だ」何だかんだと言ってるけど、

民意を無視してるのって、どっちだろうか?

直接民主主義の「住民投票」は、本当の民意が数字で出る。

議員自ら言うのもなんですが、

議員っていったって、有権者1万人、

投票率50%、1人区で2人出馬と、

最も単純な仮定をすると、最低2501票で当選します。

その議員が、議会で、「こっちが過半数だ、民意はこちらだ」

とやるわけです。

間接民主主義って、こんなものなんですよね。

でもね、直接民主主義の「住民投票」は、違う。

本当の民意の数字が、出てくる。

これにビビって、住民投票を阻止するなんて、

それこそ、民主主義の崩壊のような気がするが。

しかも、法律で、「住民投票」が、記載されてるからね。

「住民投票」に対する価値観とか、選択の問題じゃないし。

« 祝!法定協議会再開! | トップページ | 事実が、正しさを証明する! »

コメント

「マスコミ」「野党議員」がいちゃもんを付けて「やから」を言ってる事は一般市府民(堅気の人)は知っています。「理想の行政改革」に費やす人生って最高に素敵ですね。私の経験では
「正しい」と思えることを「みんなの為」にやる時は
”信じられない力 ”が出るものです。
己を信じてやり遂げて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の切り札を無力化する?:

« 祝!法定協議会再開! | トップページ | 事実が、正しさを証明する! »