« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月27日 (月)

6月朝立ち開始

 土曜日の空は、驚きました。ものすごい「青さ」でしたね。

 本日早朝より、6月の朝立ちを開始。今日は、JR和泉鳥取駅でした。5月は行うことが出来ませんでした。申し訳ありません。今週は、市内どこかの駅にいますので、宜しくお願いします。

2011年6月24日 (金)

関西電力勉強会

関西電力勉強会
政調会で、関電と節電などの勉強会。

今週は、全体会議や政調会、幹事会・団総と、てんこ盛りでありながら、あまり更新出来ず、申し訳ありません。

もう少し、核心に迫った内容と更新頻度のアップが必要ですね。

2011年6月21日 (火)

阪南市戦没者追悼式典

 毎年の行事ですが、サラダホール大ホールにて、阪南市戦没者追悼式が行われました。

 その前に、漁業組合の会議に出席もありました。

 あと、市議会議員の先生と意見交換。

 今追われているのは、報告書の作成です。出来れば、来週から朝立ち開始。5月は定例会などの各種会議が続き、5月の報告書配布は休ませていただきました。4月とこの6月の内容で、7月には全戸配布を行いたいと思います。

 

2011年6月17日 (金)

幹事会

更新が滞っていました。申し訳ありません。

さて、本日は、幹事会、団総、政調会とありました。
幹事会、団総は、大都市制度検討協議会について、今後の議会運営について、その他で、詳細は「ユーストリーム」で全編生中継しました。録画もありますねで、ご覧ください。

http://www.tdoi.net/

今年度に入ってから、団総はすべてネット生中継しています。

その他、YouTubeには、幹事長の囲み取材などの動画を載せてます。上のURLでYouTubeもご覧頂けます。

昨年は、政調会もフルオープンで記者の方々も入っていたのですが、今のところ政調会はクローズ・非公開です。

2011年6月 8日 (水)

府民文化部勉強会・意見交換会

府民文化部勉強会・意見交換会
旧WTC、大阪府庁咲洲庁舎にて、所属委員会の府民文化部の勉強会・意見交換会。

写真は、ロビーに飾られている昨年のおおさかカンヴァス推進事業の作品の一部。

今年も、7月22日までの募集期間で、2011年の公募が行われています。

詳しくは、
http://www.osaka-canvas.jp/

また、「私の大好きな大阪」をアピールする30秒CMの募集。詳しくは、
http://www.osaka-museum.jp/

募集は終了しましたが、大阪マラソンも所管。事業系が目立ちますが、人権、国際、観光、広報などなど、書ききれませんが、非常に広範囲。

2011年6月 7日 (火)

昨日、今日と、政調会

 昨日は、「公務員制度改革」の勉強会。本日は、「中学校給食」の勉強会。両方とも、政調会です。

 土曜日は、5月定例会が延びて、明け方の帰宅となり、「大阪湾一斉調査」や「ビーチバレー開会式」などに出席できませんでした。申し訳ありません。

2011年6月 6日 (月)

矛盾 何が正しいのか

 この週末、新聞などで大阪府議会の報道が多数なされました。

 今朝からは、東京からの報道がテレビでされています。

 コメンテーターの方の適当でいい加減な発言、テレビ収録に間に合わせて、何をどう調べたのか分からない発言にうんざりして、この間寝不足で疲れ果てている上に加えて疲れが増していきます。

 しかし、何が正しくて、何が正義なのかが、もう関係のない世界に突入しているんですよね。マスコミの報道が、世論を形成し、どんなに適当でいい加減でも、正しく正義になっていく世界。

 講談社の高木徹著『ドキュメント戦争広告代理店 情報操作とボスニア紛争』に近いです。

 一昨日の騒動は、事前に絵図らも決まって、どう流すかも事前に決まり、知らなかったのは、維新だけ。「強行採決」という絵図らをどう演出するかに時間が割かれていたんだな~と、今振り返れば思い当たる節がいっぱいあります。まんまと・・・。

 しかし・・・、会期延長のために議場に入る絵図らなんですよね。議案審議のための本会議ではなく、単純に「会期の延長」のために議場へ集まっただけ。

 府議会では、というか、地方議会では、午後5時と深夜零時に、「会期の延長」を議会にはからないと「流会」になってしまうんです。

 特に、6月3日(金)は、5月定例会の最終日のため、流会になれば、もう5月定例会は自然に閉会。議長に議案を提出しても、議会には上程されないという異常な状態で、最終日を迎えていました。

 「強行採決」、「バリケード突破」というのは、「会期の延長」であって、「定数削減の議案」についてじゃないんですよね。

 最大の問題は、「議会運営委員会の理事会なる会議」です。議長と各会派の幹事長が集まり、法的には何の効力もない会議が非公開・密室で行われ、議会の物事を決め、本来の法的拘束力のある議会運営委員会が形骸化し、ましてや、「本会議」なんてどうしようもなくなっている。

 特に今回は、①本会議場で、議案審議が出来ることがないがしろになっていること(議案に対する質疑も討論も出来るし、府民のみなさんが傍聴でき、マスコミにもフルオープン、動画も事務局が撮っている)、②議会運営委員会の理事会で「会期の延長」は合意されたと聞いているが反故にされたこと(しかしこれは非公開・密室のため、多くの議員は真実を知らない、私も)、これらのことはかなり問題。それに、議員削減議案に対し、質疑も別の提案も討論も取り下げたのは、この会議で。たった数名の片手くらいの人数が集まりこういうことが決まり、多くの議員はどうして取り下げたのかさえ分からない。非公開・密室、法的にまったく関係のない会議をつくって物事を決めること自体がおかしい。

 その昔、片山善博さんが鳥取県知事をしていたとき、片山さんが「県議会は学芸会」と言って物議を醸し出しましたが、何ら変わっていない。本会議場というフルオープンの民主主義の原点ともいうべき場所で議論ができる機会があったのに、議案質疑を拒否したのは我々ではない。どうして、非公開・密室、法的にまったく関係のない「理事会」という会議が重要視され、本来のオープンな会議が形骸化していくのか、さっぱり分からない。議会の出る所へ出て、自らの主張をするのが議会じゃないの?

 矛盾だらけですが、この国では、東京のメディアが垂れ流す情報がすべて正しいそうです。誠に残念なことですが・・・。

2011年6月 5日 (日)

大阪府議会 5月定例会を終えて

備忘記録

私自身、「維新の会」では異質。

府議初当選の当初から、ずっと無所属で、小数会派を繰り返し作ってきて、在籍。

こうした経験をして、維新の幹事。

今の状況の見え方

①過去から、「数の横暴」だったことに何故気づかない?今さら何を被害者面しているのか?

②議運「理事会」という法的には何の効力もない会議をつくり、非公開・密室で今でも物事を決めている「不条理」

③既存政党が欠席した本会議最終の議案、マスコミは「議論ゼロ」と。亡国の論調じゃないか。そもそも、本会議には、フルオープンで府民のみなさんも傍聴できて、マスコミも入れて、議案に対する「質疑」も「討論」も行える。これは、地方自治法の要請でもある。

本来のオープンなこの機能を、マスコミまでがよってたかって「形骸化」させている地方議会とは、一体何なのか?

法的には何の効力もない「理事会」で、非公開・密室で物事を決めている方がよっぽど、ひどいじゃないか。

①についいては、小数会派にずっと在籍していた立場から、正しいとは思わない。ただ、多くの議員さんに、本当の事に気付いてもらうためには、経験してもらう以外に方法はないと考える。たった一度の定例会で、本当の事に気づいたとは思えない。まだまだ政争の域を超えていない。

加えて、大きく物事を変えていく時には、従来の様なやり方では、何も決まらない。

2011年6月 4日 (土)

まだやってます 大阪府議会

 もう、6月4日(土)午前1時くらいです。

 3日(金)午後11時50分くらいに、会期延長のため本会議場に。何と!まぁ!バリケードが出来てまして・・・。「なんじゃ?こりゃ?」と。

 『議員削減』で、バリケード?えっ?

 さっきの『国旗・国歌』じゃなくて?

 『議員削減』で?バリケード?

 突破しまして、とりあえず、会期延長。まだまだ長い。

 

2011年6月 3日 (金)

本日3回目の本会議

 議員提出議案の採決のため、本日3回目の本会議場へ。大都市制度検討協議会設置条例の採決の際、自民、民主、公明さんが、採決を拒否して退場。審議拒否。

 まだ、採決議案が残っているのですが、共同記者会見を行っているそうです。現在、夜8時半です。本会議が我々の仕事なのですが、他会派の記者会見のために、待たされて、本会議が遅れて、本会議のために待っている職員の人件費がかさみ、一体、府議会は何をしているのか!

大阪府議会 5月定例会 最終日 1回目の休憩

 本日、5月定例会の最終日です。

 各議案の採決を行います。

 非常に遅くまでかかると想定されています。

 前回の選挙前3月定例会では、最終日の翌日・午前6時半に閉会しましたが、本日はどうなることやら。

 統一地方選挙後、初めての定例会ですが、異例続きの議事。すべては、維新の会からですが・・・。

 まず、議長の選出過程を公開しようということで、5月上旬から行われた議会運営協議会が、該当会議をマスコミに公開。

 それから、議員提出議案が合計5本。各議案、議員間討議(昨日)。

 それで、私は昨日、今日と午前8時前には府庁入り。

 今日は、議運、幹事会、団総、本会議1回目、そして、今休憩というところ。

 議運幹事会が行われています。この後、議運。幹事会なしの団総へ。そして、2回目の本会議が予定。そして、また、休憩。これの繰り返しが続きます。

 とりあえず、財政運営基本条例は継続審議に。豊中市の中核市の指定を総務大臣に申出する件、公立小中学校の教職員の任免等を豊中市ほか4市町が処理するための条例改正、議員提出議案の議員選出の監査委員の削減、災害対策特別委員会設置など可決。

 休憩後、監査委員に中野氏を選任など可決。

 今、2回目の休憩。議運理事会が開かれています。

2011年6月 2日 (木)

議員提出議案の審議

 大阪維新の会から提出している4つの条例案のうち、2つの条例について、本日、委員会で答弁。質問は、他会派から。

 提出している私たち府議会の維新の会所属議員が、答弁します。質問は、これまた、府議会議員。

 役所の理事者答弁のようにはならないと思います。議員対議員なので。

 午前10時から、国旗国歌条例について、教育常任委員会にて。午後2時半から、総務常任委員会で、大都市制度検討協議会設置条例について。

 ちなみに、4月の統一地方選では、自民党さんは「大阪広域戦略協議会」、民主党さんは「共同自治センター設置条例」を公約として掲げられています。

2011年6月 1日 (水)

委員協議会

 昨日から、委員会や委員協議会が行われています。議案の付託があった委員会では、通常の委員会審議が行われています。本日は、知事質問が、教育と総務の各委員会で行われています。

 私の所属する「府民文化常任委員会」では、付託された議案がないので、「委員協議会」を行って終了。

 ちなみに、今年度は、府民文化常任委員会の委員長です。

 本日は、明日から始まる議員提出議案の議員間質疑の打ち合わせ。維新の会から提出した①大都市制度協議会設置条例、②国旗国歌条例、③議員定数削減条例、④議員から選出される監査委員の定数削減の4つのうち、明日、①が総務委員会で、②は教育常任委員会で、「維新の会」が答弁者となり、各会派の議員さんからの質問に答弁します。

 現在、維新の会の幹事ですので、提出議案すべての提出者に名を連ねているので、明日答弁席に座ります。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ