« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月27日 (土)

命のことば2

なんばの高島屋前で、大阪維新の会の市会の方々の街頭演説がありました。ビラ配りなどお手伝いをしに行って来まして、事務所に立ち寄りました。記載しておきたいことがあったので。

このブログを始めたのは、開放骨折で入院しているときでした。さかのぼってもらえれば、その当時のブログを読んでもらえます。

『命のことば1』を記載していて、「もしかして・・・」と思うところがありまして、自分の記憶を辿りながら書き留めておきたいことがあります。

入院や手術は、大きな病院2つでした。当初の日赤和歌山、その後の大阪市大。

どちらの病院でも同じでしたが、余命幾ばくもない方から励まされることが多かったんです。明るくて、元気が良くて、楽しくて。命が輝いていると感じました。とても、命が尽きようとしているようには、思えませんでした。私の方こそ、そういう方々を励ますべきなのに・・・。これは、個人的な性格なんだろうなと勝手に思っていたんですが・・・。もしかしたら、違うかも・・・。

『命のことば1』で記載した出来事、「末期だからこそ、輝く人生がある!」という言葉。

私が病院で励まされた余命幾ばくもない方々は、考え抜いて、最後の最後に、自分が出来ることをしていたんじゃないだろうか?余命を宣告されて、「明るくて、元気が良くて、楽しくて」という人、いるわけないですよね。もうこの病院から退院することもない、せめて最後に何が自分に出来るのか、周りにいる入院患者を励まして早く退院できるように励ましてやろう、そう思ったんじゃないだろうか?

私の部屋のベッドまで来てくれて、励ましてくれた。

このブログでも入院中に記載したと思いますが、そういう方々は、本当に輝いていた。「輝く」という言葉を、私もこのブログで使った。

今の私は、回復して、通常の生活を送らせて頂いているけれど、そして、退院してしまい、励ましてくれた方々の今を全くしらないけれど、もう足を切断しなければならないという時に、そういう方々に方々に励まされて、今の自分があることを忘れちゃいけないと思いまして、自分のために、今日は、このブログを記載しておきます。

命のことば1

「末期だからこそ、輝く人生がある!」

山本ゆきさんが、涙ぐみながら締めくくった言葉。

一昨日、本会議終了後の政務調査委員会。がん対策推進条例の検討で、参考人の一人として出席されていた山本さん。

山本ゆきさんは、ガンで亡くなった故山本孝史参議院議員の奥さん。

山本さんが語った数分間、動けなかった。故人の命や魂を背負っているのを感じるというか、故人の命や魂が見えてしまったといった方が伝わるでしょうか。

「法律をつくるということは、その法律が持つ意味合いも、その法律が及ぼす効果も、あるいは結果も我々が責任を負うわけであります。」これは、1997年3月19日、厚生委員会の臓器移植法に関する質疑で山本が述べた言葉です。その言葉通り、山本は、最後の最後まで「がん対策基本法はあれでよかったのか」と心配しながらこの世を去りました。

2010年11月26日 (金)

大阪都構想6

 大阪都構想は、

基礎自治体と広域自治体を明確に分ける。それぞれの仕事も、明確に分ける。広域自治体は大都市圏域の成長を支え、基礎自治体はその果実を住民のみなさんのために配分する。

市町村も、これから特別区として独立する区も、思いっきり多様な自治を行えばいいんです。

自治体の実験場と呼ばれる逗子市。4年前に、同じ会場で、当時の長島一由市長に講演をして頂きました。地方自治の楽しさを実感されたことだと思います。溢れんばかりのアイディアを駆使して、楽しく、面白く、大胆に改革をされていました。時には、自分の行っていることについて、住民のみなさんの意思を問うため辞職して市長選挙も行いました。だから、通常任期4年の2期8年の逗子市長在職期間となるところが、3期8年なんです。一度、辞職をして、信を問う選挙を行いましたので。

また、杉並区は、減税するためにはどうしたら良いのかを考えました。借金をゼロにして、貯金をする。貯金の利息分で、減税を行おう!としています。

同じく、4年前、当時の横浜市長だった中田宏さんも、同じ会場で、講演をして頂きました。こちらも、凄まじいアイディアと実行力で、本当にいろんなことをされました。

基礎自治体こそ、いろんな事をすればいいんです。溢れるアイディアを持った人物が市長になり、住民自治に基づいた政策を大胆に行えばいい。大阪市内の区も、区長公選制で、住民自治に基づいた善政合戦を行えばいい。

さて、広域自治体です。現在の大阪市と大阪府、堺市も該当します。広域部分を将来一本化して、大阪都にします。広域自治体は、成長をサポートしなければなりません。仕事上の効率性を高めるためのビジネスインフラを整える。これは、国内のみならず、アジアの、世界の都市間競争に勝つためです。

だから、例えば、今までの国の空港行政のように、「オラがまちにも空港を作ってくれ!」と言われて、国内に96ヶ所も空港を作りながら、ハブ空港はインチョンに持っていかれているようなことは出来ません。どこに、どれくらいの規模で作れば、勝てるのか、戦略を立てて実行していきます。どのまちにもとは、いきません。勝つために、非常に冷徹です。その代わり都市間競争に勝ち、成長を手に入れ、府民のみなさんに、国民のみなさんに、成長を享受して頂きます。

地方分権に、逆行していますか?

もちろん、賢明なみなさんは、当然のことだと感じるでしょう。逆に、今までも、そして今も、政治は、何をしていたんだ?何をしているんだ?と感じるでしょう。

大阪都構想5

大阪都構想は、府内市町村のみなさんにとっても、大阪市の市民のみなさんにとっても、メリットはあっても、デメリットはまったくありません。

これは、大阪府民880万人のみなさんにとっても、そして、日本国民1億2千万人のみなさんにとっても、同じことなんです。

大都市でありながら、衰退都市としてこの国の成長にも雇用にも貢献していない、この大阪が、

一人当たりの税金使用額が全国で一番大きな、この大阪が、

今まで、経済面でも、税金面でも、大都市であるのに、この国の足を引っ張り続けてきた、この大阪が、

成長してくれた方が、大阪府民のみなさんは当然のこと、国にしても、国民のみなさんにしても、ありがたいに決まってるんです。

しかも、国に頼らず、自らの手で、これを成し遂げようとしているんですから。

私自身、反対する理由がまったく見つからない。

大阪都構想4

私たちの進む道は、3つしかない。

1.成長・繁栄の道

2.現状維持の道

3.衰退・消滅の道

このいずれかの道です。

我々は、『1.成長・繁栄の道』を選択します。

大阪都構想は、『1.成長・繁栄の道』を選択する『手段』です。

現役世代も、次の世代も、この成長を享受して頂く。

大阪都構想だけで、すべてが解決する訳ではありません。

しかし、成長を支えるための重要な『手段』を獲得します。

(=ONE大阪)

「収入の範囲で、予算を組む」健全な財政規律を堅持しつつ、総合経済特区(成長戦略)と大阪都構想で、この大阪を強力に、衰退都市から成長都市へ導きます。

大阪都構想3

大都市の使命は?

大都市・大阪の使命は?

大都市の使命、大都市・大阪の使命は、『政治的にも、経済的にも、この国を牽引すること』である。

大都市・大阪が、大都市の使命を果たさず、この国の足を引っ張り続けていることは、この国、1億2千万人の国民の大きな損失であり、当然、大阪、880万人の府民の大きな損失である。

2010年11月25日 (木)

本会議

 現在、決算委員会がずっと続いています。議会の会期は、12月15日まで、本日は本会議。

 議案は3件、報告4件。9月定例会と12月定例会を合併して会期を延長しましたが、どうして先決処分が報告として上がってくるのか?不思議ではありますが、採決の行われた議案は、不当利得返還請求事件の控訴と職員と議員それぞれの給与・報酬のカット議案。

 私の賛否は、すべて賛成。

 議会の可否は、不当利得返還請求事件の控訴と議員報酬カットは、全会一致で可決、職員の給与カットは賛成多数で可決、でありました。

大阪都構想2

この国は、今現在も、強固な中央集権国家だ。

政策メニューは、国から提示され、そこには「紐付き補助金」がぶら下がる。地方自治体は、財政難でこれにすがりつく。

国も政策メニューは示しても、財源はないから、借金に依存する。国、地方合わせて、862兆円の借金を国民は背負わされる。

それでも、全く大阪は良くならない。

長い年月をかけて、膨大な税金を投入して、もうみんな分かったよ。バカバカしすぎる。将来の世代、自分たちの子どもや孫の世代の未来を食い潰すために、政治をしている訳ではない。

ならば、国に頼らず、大阪人自らの手で、大都市・大阪の使命を果たすため、フルモデルチェンジを断行する!

大阪都構想1

大阪の現状に、満足していますか?
満足している大阪・民間人に出会ったことがない。
これは当然で、あらゆる指標にも現れていて、全国ワーストの指標が多すぎる。この20年ものあいだ、ずっと。

失業率が高い。いつも、沖縄県と失業率の高さを競い合っている。なぜ、大都市がこのような状態なのか?

会社は、みんな東京へ行っちゃう。

一人ひとりの所得は、東京よりも130万円も低い。

公務員の不祥事も目立つ。「真面目に取り組んでいる自治体まで疑いの目で見られて、非常に迷惑だ」と、大阪の外に出れば、辛辣に言われる。これも、長い間、言われ続けている。

大都市の使命、大都市・大阪の使命は、政治的にも、経済的にも、この国を牽引すること。

大都市が、この国の足を引っ張り続けることは、国民すべてにとって、大きな損失だ。

2010年11月24日 (水)

土井達也さんから、お手紙

事務所に戻ってきました。私の机の上に、お手紙。

宛名は、土井達也?私・・・?

高校のとき、タイムカプセルイベントで、2000年に自分のところに届くものがあって、当時書いていて、本当に2000年に、高校の自分が書いた手紙が届いて、驚いたことがありました。

それ以外に、書いたことあったかな~と、封を切ると、同姓同名の方から、お手紙。

「突然のお手紙で・・・、同姓同名で・・・。以前より興味を持っておりまして・・・、」

名刺も同封されていて、東京の方。

不思議な感覚です。

それから、ここまでする営業努力に脱帽。見習わないといけませんね~。

今日は、思いっきり笑わせて頂きました。ありがとう。土井達也さん。

大阪都構想0 大阪都構想への想い

これだけ近くで砲撃があれば、平和が、いかに簡単に崩れ去るものか、実感します。平和とは、砂上の楼閣のようなもの。

何かを『実感する、実感させられる』って、その人の価値観や優先順位を変えてしまう。

私は、解放骨折で入院中に病院でお会いした余命幾許もない方々との会話や、毎日何度もみかける泣きながら携帯で連絡されている方々の光景から、必ず訪れる『自分の死』を実感しました。

その実感で、毎日見舞いに来てくれた娘を見たとき、『今の大阪を次の世代に引き継げない』、変えられる立場にありながら、今命が絶たれたら、絶対後悔すると気づきました。

そうすると、今までの優先順位が、全く逆、180度違ってきました。将来があって、この先の時間軸のなかで、こうなっらこうするとか考えてしまうと、本当に大切なことが先送りされてしまうんですよね。

政治って、人類が続く限り存在しますが、個人としての政治家は永く続けることに意味はなく、例え個人の寿命が短くなったって、自分がくたばる時に、『全力でやった、後は頼む』と一点の曇りも無く、次の世代に言えるかどうかだけ。

大阪維新の会の大阪都構想について、様々なご意見があることも承知していますが、私自身、これを成し遂げるのに、一点の迷いもない。これでくたばったとしても、最高の死に場所だと思っています。

2010年11月23日 (火)

人生で、2番目に眠っていない やっとアップ完了

 40歳を過ぎてから、60時間だったか70時間だったか、開放骨折をする前でしたけれど、徹夜が続いたことがありました。

 今回は、その次に長いですね~。しかし、任務完了!

 もう限界ですが、これから、阪南市民マラソンの開会式。眠ると起きれそうにもないので、このまま気合入れて行ってきます。

貫徹3日目

 タウンミーティングの「ネット生中継」の音声が後半から出て、映像は勉強会が終わってから後半まで映っていなかったそうで、大変申し訳ありませんでした。

 とにかく、録画していた映像をアップしようと、日曜日早朝から試みていたのですが、これが厄介で。ユーストリームの映像を録画して、ユーチューブへアップする予定だったので、ビデオ録画の方は、ハイビジョンで撮影。

これが、ユーチューブにアップできない。今23日火曜日、勤労感謝の日の午前6時半。48時間以上やっておりますが、動画の保存を変換、変換、変換で、ものすごく時間がかかります。橋下代表の部分までは何とかきました。あと、もう少しですが、本日は阪南市民マラソン開会式に出席しますので、今までのことを考えると、夕刻までかかるかも。

もう、体がヤバイですね。

眠い!

42時間の徹夜。まだまだ、続きそう。

ネット生中継で音声トラブルがあり、たくさんのご連絡を頂戴しました。

申し訳ありませんでした。

辛らつなメールも頂戴し、かなりショックです。

すぐに画像をアップしようと、試みているんですが、すごく難しい。

ユーストリームからだと、簡単にユーチューブにアップ出来たのですが・・・。

想定外で、現在、打開策が見当たらず。

録画が、ハイビジョンで録画しており、これを軽くしてユーチューブにアップするのどうすればいいでしょうか?MPEG2のDVD作成まではきましたが、ソフトが足りないのかな?

いろんなソフトを試しているんですが、音声が付いてこないですね~。

2010年11月20日 (土)

タウンミーティング

本日のタウンミーティング、大盛況で、ありがとうございました。私も、感動しました。

ただ、ネット生中継で、音声テストは、何度も繰り返したのですが、聞こえなかったとのこと。

明日、ビデオカメラで録画してあるのをアップします。

申し訳ありませんでした。

2010年11月19日 (金)

明日、タウンミーティングin阪南

 夜、サラダホールにて、いろいろと準備。

 明日、タウンミーティングです!

 宜しく、お願いします!

2010年11月14日 (日)

市ソフトボール連盟秋季大会

市ソフトボール連盟秋季大会
ただ今、中央グランド。

2010年11月13日 (土)

タイムスリップ

長い時間、母校の中学校にいました。
生徒の悪ふざけや先生の叱る声を眺め聞きながら、二十数年前、僕たちがここで過ごしていた風景が蘇りました。
タイムスリップ、セピア色の記憶、ノスタルジーです。
わずか三年間の中学校生活でありながら。毎年、卒業生を送りだし。学校って、不思議な存在だ。

下山して、貝掛中学校

下山して、貝掛中学校
小学校と中学校の交流日。
スカイタウン裏手から俎石山山頂まで往復、3時間弱ですね。

俎石山山頂にいま〜す

俎石山山頂にいま〜す
おおさか山の日で、阪南市最高峰の俎(まないた)石山に登ってます。クリーンハイキングに参加。

2010年11月12日 (金)

政調会

朝、毎月各学校を順番に回って、見守り隊を行っています。本日は、舞小学校にて。

府庁にて、私学助成について政調会。

事務所では、タウンミーティングの準備に追われてます。当日のネット生中継では、資料を使いますので、画面の下にリンクさせます。アップは、前日の19日金曜日あたりです。

ページは、
http://www.tdoi.net/

2010年11月11日 (木)

地域要望

 府庁2階第3委員会室にて、阪南市役所から要望のあった事項について、阪南市長はじめ要望に該当する市担当者と大阪府の担当者を交えて、大阪府の考え方や意見交換。

 写真を取り忘れました。雰囲気が伝わらず、残念。

2010年11月10日 (水)

東大阪タウンミーティング

東大阪タウンミーティング
夜、東大阪に来てます。タウンミーティングです。

2010年11月 8日 (月)

朝立ち 箱作駅

 市内の駅頭にて、タウンミーティングのビラにオレンジ色で上書きした告知ビラを配布しています。

 この間、お電話を頂戴した方で、大変ご立腹の方がいましたが、これは「税金」で催すタウンミーティングではありません。会に所属の議員等が自己負担で催しています。私自身は、考え抜いて、ご参加の公平性は担保していますが、本来、後援会だけで開催しても何ら問題ないんですよね。かなり勘違いをされている方がいるようです。あくまでも、私の自己負担で、サラダホールにて開催しますので、よろしくお願いします。

 また、11月20日(土)にタウンミーティングを行うことは、6月3日あたりに決まっていましたが、もうすでに12月下旬まで土日祝日の大ホールは押さえられており、小ホールでしか開催できませんでした。これほど活発に使用されていることに、驚きました。

 他に、学校の体育館や公民館などあるのですが、市の規則で、政治活動で使用できない旨が記されています。選挙期間中は公職選挙法が優先し、小学校の体育館などで「立会演説会」などが開かれるのですが、平時は制限されています。

 屋外は雨の場合アウト、市立体育館はマイクなど音声面でアウト、万代の3階を提案してくれた方もいらっしゃいましたがこちらも音声面、商工会3階会議室は小ホールとそれほど変わらず。

 こうして市内の場所を考えると、サラダホールの大ホールを除くと、次の規模の会場がそれほどないことが分かります。

 桃の木台小学校の体育館など、サラダホールの大と小の間にあるんですよね。市の規則を変更してもいいじゃないでしょうか?どうして政治活動では使用できないのでしょうか?使用料を取れば、収入にもなるし。政治と教育の分離の延長線上にあるんでしょうか。一度、調べてみよう。

 それから、本日、ホールで立会いの下、警察との打ち合わせがありました。どれくらい座席が確保できるのか試してみたのですが、思いの外、並べられるかもしれません。当日席は若干と記載してきましたが、70席以上は確保出来るのかな~と、楽観的には感じてます。それでも、少ない?並べてみないと分からないんですが・・・。

2010年11月 4日 (木)

朝立ち尾崎駅

本日、早朝より尾崎駅にて朝立ち。これから、府庁。

2010年11月 2日 (火)

あ~あ~

 事務所に、タウンミーティングの告知ビラが山済み。全戸配布する予定だったビラの山。どうしたものでしょうか・・・。もう、これ以上、同じ内容で告知できません。残念ながら、この印刷物は破棄か~、もったいないです。

 本日、泉南警察署とタウンミーティング当日の警備の打ち合わせ。やはり、やはり、やるんですよね~。受付後、会場に入るすべての方に、①手荷物検査、②金属探知機を通って頂きます!

 従いまして、受付開始時間を早め、14時からです。

 座席の事前予約をされた方から、優先して受付を行います。その後、当日席をご案内します。

 立ち見になる場合もございますので、ご了承下さい。

 手荷物は、中身を確認させて頂きます。また、ペットボトル等は回収させて頂きます。

 円滑な入場のために、極力必要のないものはお持ちにならず、身軽で時間の余裕を持ってお越し下さい。

土井達也公式Webサイト : http://www.tdoi.net/

朝だち開始ですが・・・

 先月の最終週から開始しようと考えていた「朝立ち」が、本日より。ブッキングと雨で、今日からになってしまいました。

 タウンミーティングの告知ビラなんですが、31日の新聞折込ですでに座席の事前予約分は満席となってしまいまして、少しの当日席しかないのに、告知ビラを少し上書きして配布しているので、気分的にあまり乗りませんね。

 新聞折込よりも先に、駅に立とうと思っていたのですが・・・、仕方ないです。

 当日は、サラダホールからネット生中継を配信します。詳しくは、私の公式Webサイトをご覧下さい。

2010年11月 1日 (月)

秒殺でした・・・。タウンミーティング座席の事前予約

 すみません。お電話・FAX・メールを頂戴しながら、ご意向に沿えまず、申し訳ありませんでした。心からお詫び申し上げます。

 昨日、タウンミーティングのビラを新聞折込しました。今日から、のんびり受付をしようと考えておりましたところ、電話、FAX、メールが、殺到しました。もう、どうなることかとびっくりしたのですが、午後から落ち着きました。

 結論としましては、

①事前の予約席は、満席。

②当日席は、若干あります。

③立ち見覚悟のみなさんは、出来る限り会場に入って頂きたいと考えています。

その他

①ネット生中継を行います。

 http://www.tdoi.net/  のトップページにある画面で放送します。

②会場の外に、テレビモニターを設置します。

 小ホールでの開催でありまして、皆様にはご迷惑をおかけしておりますが、よろしくお願い申し上げます。

朝立ち雨天中止

雨天中止を決定した途端、雨がやみました。残念。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ