« 大阪陳情 | トップページ | なに~、国では日割りはまだなのか? »

2010年7月22日 (木)

泉州国際市民マラソン実行委員会

府庁にて、府政相談や部局説明後、午後7時より、りんくうゲートタワーにて、泉州国際市民マラソンの会議。
東京マラソンのような市民数万人規模で制限時間7時間の大阪マラソンが今後予定されているなか、現状維持、不況による協賛金の減少で縮小傾向の大会は、埋没していくかもしれません。
今年年頭に、いぶすき菜の花マラソンを走って、マラソンの経済効果を思い知った私としては、もう少しの危機感と地元への経済波及が必要だと感じます。
ポイントは、参加者規模数万人と制限時間8時間くらい。これがなかなか出来ない。交通規制による経済損失もあるし、コスト増加もある。
ただ、現状のままだと、せっかくあるツールが生かしきれていない。

« 大阪陳情 | トップページ | なに~、国では日割りはまだなのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/528374/48948040

この記事へのトラックバック一覧です: 泉州国際市民マラソン実行委員会:

« 大阪陳情 | トップページ | なに~、国では日割りはまだなのか? »