« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

5月最終日 朝立ち13年

 本日より、5月の朝立ち。JR和泉鳥取駅にお邪魔をいたしました。選挙で、朝・夕・夜立ちを何度もしたので、もう5月の朝立ちはやった気になっているのですが、まだ行っていませんでした。

 さて、駅頭報告書の配布は、13年が終わり、14年目に突入します。13年前の6月から3ヶ月間は、週刊で行い、毎日駅にいました。その後、月刊に変わり、現在に至っています。

 情報の共有、その上でのご意見・ご提言を頂戴して参りました。選挙のときだけではない、地に足の着いた取り組みを心がけてきました。初心を忘れない大切な時間であり、本日は、節目の日でありまして、駅に立ちながら13年を振り返っていました。

 6月は全戸配布を考えています。が、まったく手を付けておりません。どうなることか・・・。

2010年5月30日 (日)

爽やかな晴天 5月を振り返れば

 早朝より、せんなん里海公園・潮騒ビバレーで行われている『ビーチバレーボール大会』の開会式に出席。

 その後、事務所で明日からの朝立ちで配布する報告書の作成・印刷・紙折。なんとか終わりましたので、明日から朝立ち開始です。

 午後から、「尾崎スイミングスクール創立30周年記念行事」に出席させて頂きました。

 さて、5月下旬から各種団体の総会が連日続いております。不動産・宅建、交通安全協力会、商工会、障害者児団体連絡協議会などなど。明日は、シルバー人材センターの総会です。

 議会は、5月定例大阪府議会が21日から始まり、28日金曜日に採決。これから、各委員会の委員協議会が始まります。

 選挙は、福島区でありました。4月下旬から動き始めて、23日日曜日に投開票でした。維新の広田かずみさんが当選。この間、選挙のお手伝いが続いておりました。

 この間、あまり更新できませんでしたが、このような状況でした。

2010年5月26日 (水)

5月定例会

 福島区の選挙が無事終わりました。

 5月定例府議会は、5月21日(金)開会し、これから一般質問2日目です。

 開会日には、議場講演会がありました。先の定例会から始まった取り組みです。

 今回は、佐賀県武雄市長の樋渡啓祐さんが、大阪府議会の議場で講演。

テーマは、『まちづくりと命は判断力とスピード!~地域再生と医療改革に奮起した新米市長~』。佐賀県武雄市は、人口5万2千人。テレビでもよく取り上げられている市長なので、ご存知の方も多いと思います。

 市役所に『イノシシ課』や『佐賀のがばいばあちゃん課』は有名ですが、『営業部』や『海外事業部』まで作っていたとは。『海外事業部』は、まちへの海外からの呼び込みのみならず、例えば、水道事業なら飲み水を作るところから料金徴収までの行政システムをパッケージで売り込むんだとか。すごいです。

2010年5月21日 (金)

大阪府議会5月定例会 開会日

 早朝より、大阪市福島区にて、朝立ち。

毎日、福島区へ出向いていますが、歩けば大阪府議会議員の方々に、たくさん出会います。橋下とおる代表も、毎日福島区入り。市議補選では、破格でしょうね。

 その後、府庁です。これから、会派の幹事会や団総を経て、午後1時から大阪府議会5月定例会が開会されます。

2010年5月14日 (金)

告示 幹事会

 早朝より、福島市会補選の出陣式に出席。その後、会派の幹事会。

2010年5月13日 (木)

理にかなってると思うよ かんばれ

 先日、開放骨折した検診日で病院に。主治医の医師から、「最近、どうしてんの?」と。私、「会派、大阪維新の会にかわりまして・・・」

 「それは、いいね。言ってる事、理にかなってるよ。がんばって」と、励まされました。

 しかし、多くの方々には、あまり思いを伝え切れていないですよね。しっかりと思いを話せば、政策は確実に賛同されると思います。問題は、けったクソだけでしょうね。それは、仕方がないことですが、まだまだ、HPでも、伝え切れていないですね。報告書では、まだ記載したことがないし。

 そういえば、朝立ちの報告書5月号はまだ出来ていないのですが、今月号の朝立ちで、丸12年間が経過します。振り返れば、懐かしいのですが、29歳の自分が。

最近、ずっと福島区です

 本日は、阪南から福島区まで2度往復。最近、福島区によく行っています。

 JR福島駅でいると、「あれ?土井さんじゃない?阪南の○○です。」、「あ~、あれね。がんばってよ~!」と。

 ここで地元の方にお会いするとは思ってもおらず、非常に驚き。

 明日、福島選挙区の大阪市会補欠選挙が、告示。ローカルパーティー・大阪維新の会としての初陣です。

 立候補予定者の方がたくさんいらっしゃり、福島区の有権者のみなさまには、選択肢がある程度あって、幸せな選挙だと思います。

 ただ、各陣営、大物がたくさん選挙区入りする予定で、市会の補欠選挙としては超異例のヒートアップし過ぎの感が否めず。区民不在との声も。

 

地域政党 地方政党 ローカルパーティー

 某雑誌を読んでいると、名古屋でも、川村たかし党首・代表とする『減税日本』という地域政党が立ち上がったとか。

 松山でも、「維新の会」というような地域政党が立ち上がったよと、同僚議員さん。

 地方の反乱は、続くでしょうね。当事者として、気持ちがすごく分かるので。

 ちなみに、地域政党や地方政党、ローカルパーティーなどを私たちも名乗っていますが、全部、政党ではありません

 正確には、政党要件を満たしていないので、政治集団・団体です。政治団体として、選挙管理委員会に届出をしています。

 従いまして、私は、正確には、無所属のまま

 府議会議員になって、この間、さわやか大阪、主権おおさか、府民ネットおおさかと会派を作ってきましたが、どれも政治団体として届出をしているので、私自身は、今までと同じ立場です。

 それに、府議会の会派『大阪維新の会』では、綱領でそれぞれの所属は問わないことになっているので、党籍は混在しています。

 約束事は、4つ。①地方分権(現在、同じなんですが、大阪都構想や区長公選制などなど)、②伊丹廃港・関空ハブ化、③府庁舎WTC移転、④議員削減(112名・昨年⇒109名・今年⇒将来・88名へ)と、この4つだけは、完全に賛成していること。その他のことは、みんなで相談して決めようと。

 ナショナルパーティー(国の政党)とは、一線を画すというのは、地域政党としては様々な意味で関与しない。ただし、個人的には、それぞれが判断して、各自それぞれが支持する政党のお手伝いをすることは当然のこととしています。

 非常にシンプルで、分かりやすいと思います。大阪のことは地域政党に、国政はそれぞれの判断で。私は無所属なので、国政についてはその時々に判断し行動するということです。

2010年5月10日 (月)

昨日タウンミーティング

十日の日曜日、夜七時から福島区民センターにて、大阪維新の会のタウンミーティング。

多くの皆さまにご参加を頂きました。感謝申し上げます。

多く時間を『大阪都構想』の説明に費やし、非常に分かりやすかったですね。福島区のことはもちろん、そのほか、伊丹廃港・関空ハブ化、都市経営、特区による減税、カジノ、住民サービスなど、府民の皆さんと意見交換。

友人は、『こういうのもっとやるべきだ』と。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »