ちゃんと見ようぜ‼️

 

熱海の土石流があって、タイミングが悪い?

何を言ってんだ?

違うだろう、まさにこれを心に刻むべきだろう?

 

阪南の搬入土砂237万㎥(盛り土合計330万㎥)大阪府内最大。

 

熱海土石流は、搬入土砂7.5万㎥、流出5.5万㎥、現在行政代執行撤去中2万㎥。

 

わずか35.5万㎥の搬入土砂さいたま小川町メガソーラーでさえ、埼玉県知事は環境アセスで次のように述べている。

5a75222fe7dd46e1886414734963c27b

F5df739a08e1456c8fac5210e0882b3e Cc133e98d6244250aa69461df290213b

 

わずか35.5万㎥の搬入土砂さいたま小川町メガソーラーでさえ、経済産業大臣は、環境アセスで次のように勧告している!

5fa35b84bc204785b140901fa484f244

「さいたま小川町メガソーラー」の一連の取り組みは、埼玉自民の取り組み。

 

大阪の維新府議として、どう取り組むべきなのか、全国に、世界に視野を、徹底的に調べ上げています。

 

人生で最初で最後になるであろう、こんなデカい案件を、自分の選挙区で、せっかく天が与えてくれたのですから、埼玉自民以上に、全国的にも社会的にも意義のある取り組みにしなければならないと思っています。

 

 

土井達也公式サイト http://doitatsuya.world.coocan.jp/index.htm

2022年9月30日 (金)

令和4年9月の終わり 広島県にて、平成30年7月豪雨 視察 土石流の臭い、知ってる?

9月は、旅人でしたね。全国の災害の現場に立って、風に吹かれて。

地名には、災害を後世に伝えたい思いを込めた名前もあるんだと。それを知らずに、合併で全然関係のない名前になってると。なるほど。災害の伝承が、必要だと。ふむふむ。

7f8a9bd9c97e415d8cc49273c56a759c

広島県では、過去の災害をすべてアップしている。災害の記録誌や地図など伝承できるものはすべて。広島県のホームページにあります。

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/100/

https://www.sabo.pref.hiroshima.lg.jp/portal/Top.aspx

https://www.sabo.pref.hiroshima.lg.jp/densyou/densyou.html

https://www.sabo.pref.hiroshima.lg.jp/saboarchive/saboarchivemap/index.aspx

https://www.sabo.pref.hiroshima.lg.jp/densyou/densyou.html

https://www.sabo.pref.hiroshima.lg.jp/densyou/pdf/gou-cg.mp4

 

地図記号に「自然災害伝承碑」が、加わっています。

https://www.gsi.go.jp/bousaichiri/denshouhi.html

 

明治、昭和、平成と大きな水害、土石流が発生したまちでは、石碑が3つもあった。

1e38ec67cf8c48ab98c31e30685eb2a3

 

写真の現場に、昼から行ってきました。大きくは、県内3カ所。

午後も、広島県土木建築局技術企画課 新田 勉 様、谷本 整治 様 に、ご対応頂きました。誠にありがとうございました。

52a83987a7cf4baf9e9f48649d5fa2d5 0b57897c1fb94da690aff06ddca26f8d E836b6cbf7274c119d0b583e8d6a620c 890d0eef2f74445497f214dd2b0a3184

現場写真、後日、入れ替えます。

3_20221002074801 8 6 7 5_20221002074801 9 11 10 12 4_20221002074901 5_20221002074901 13 14

こんな大きな石が、土石流では落ちてくるんだと。だから、熱海の土石流災害はきれいすぎる、土石流ではないと考えていたそうで、盛土と聞いて納得したと。自然災害の土石流は、樹木から岩から、土砂まで、もっと無茶苦茶になるんだと。

そして、プロたちの極め付けの、私の心に刻みつけられた言葉が、「土石流に臭いあるの、知っている?」。カブトムシの臭いに近く、カブトムシよりもっと強烈な臭いで、夜寝れなくなる臭いだそうです。

 

https://youtu.be/IiXYKT3KgCY

http://doitatsuya.world.coocan.jp/index.htm

声なき声を背負う、その覚悟、ありや? なしや?

◯今日は、広島県議会の事務局のみなさまにお世話になりまして、土砂災害視察です。

◯9月は、全国の災害場所を飛び回りました。9月ラストは、広島県の土砂災害。

◯全国の災害場所の現場に立ち、「非業の死を遂げたみなさまの声なき声」に、耳を澄ませて、風に吹かれています。

◯9月定例会の委員会質問で、その全国の「非業の死を遂げられたみなさまの声なき声」を背負って、『国づくり』に切り込みたいと思います。

◯午前中の座学を終えまして、これから現場へ。広島の災害は、スゴい。対応もスゴい。伝承もしっかり。

◯本日は、広島県議会9月定例会の最終日。我々府議会は初日が週明け。だいぶ違いますね。ご対応頂き、感謝です。

◯広島県土木建築局技術企画課 新田 勉 様、谷本 整治 様 ご対応、誠にありがとうございます。

https://youtu.be/IiXYKT3KgCY

http://doitatsuya.world.coocan.jp/index.htm

3_20221002075101 4_20221002075101 7_20221002075101 8_20221002075101 6_20221002075101 5_20221002075101 9_20221002075101 10_20221002075101 11_20221002075101 12_20221002075101 14 13 

大臣等 意見・勧告

https://youtu.be/IiXYKT3KgCY

阪南の搬入土砂237万㎥(盛り土合計330万㎥)大阪府内最大。

熱海土石流は、搬入土砂7.5万㎥、流出5.5万㎥、現在行政代執行撤去中2万㎥。

わずか35.5万㎥の搬入土砂さいたま小川町メガソーラーでさえ、大臣や知事は環境アセスで次のように述べている。

544caff5d6ad4ad3b865f7971d246814

これらは、埼玉県の自民党さんが仕上げた取り組み。熱海の土石流災害を経験した後の『山間部の搬入土砂・盛り土』案件の教科書だと考えています。



http://doitatsuya.world.coocan.jp/index.htm

2022年9月29日 (木)

となりの地層を誰が調べた?

スカイタウンの地層は、非常に強い岩盤だったことは伺っています。これは、事実です。

しかし、『そのとなりの地層』が強いかどうかなんて、誰が、ボウリング調査をして、分析したんですか?

確認できていないことを、住民に、事実であるかのように伝えているのは、誰ですか?

少なくとも、熱海の土石流は、事実です。

https://youtu.be/IiXYKT3KgCY

 

土井達也公式サイト http://doitatsuya.world.coocan.jp/index.htm

ホントに、あるのか?

全国のみなさま、教えて下さい‼️

熱海の土石流以降で、

山間部に、土砂の搬入を推進している地方自治体があれば、

是非、ご享受いただきたいのです。

視察に、行ってきます。

https://youtu.be/IiXYKT3KgCY

 

土井達也公式サイト http://doitatsuya.world.coocan.jp/index.htm

近年、盛土、ハウスメーカー

地元の地質の有識者の方から。

「近年では、盛土に家を建てないハウスメーカーも現れましたよ」とのこと。

2022年9月27日 (火)

中央構造線

地元の地質についての学識経験者の方から、ご指摘を頂いたのは、和泉山脈は、南海トラフよりも、中央構造線の方が重要になると。

南海トラフは周期が分かっているので対策を取りやすいのですが、中央構造線の周期は分かっていない。

断層は、和泉山脈の南斜面(和歌山側)の麓から、北側に向かって断層が地下へ入っているので、直下になるんだよと。

従って、南海トラフで震度5と想定したら、中央構造線は震度7位のイメージ。

災害の起こる集中豪雨の発生メカニズム 和歌山管区気象台公表資料

昨日、大学の先生に教わったことを記載しておきます。

なぜ、雨の降り方が違ってきたか?土砂災害が発生しやすい雨の降り方に変わってきているのです。

知ってた?

昨日は、ホント、目から鱗でした。

現在の雨の降り方は、土砂災害を発生させるのに適した降り方になっています。

年々、平均気温は上昇し、年間の降水量は変わらないが、1時間雨量が増えている。

逆に言えば、雨の降らない年時間は増えている。

分かりますか?

1時間雨量が増える、1日降水量がふえる、1日300mm以上が数日続く、

確実に、土砂災害が発生する。

和歌山県の11年前の災害が起こったときの降水量がまさにこれ。

大阪湾は、瀬戸内気候なので少し事情は違いますが、全国的に土砂災害が発生しやすい雨の降り方に変わってきたんですね。地球温暖化で。

その資料が、こちら。和歌山管区気象台の公表資料。8ページ目の図が、分かりやすいとのこと。

https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/130600/d00155940_d/fil/04_shiryou2-1_r2_nishi.pdf

2c3f23b7ad4f4d2e99fabec208e81892

あ〜、そうそう、今まで降っていないところが、豪雨になると、一段と被害は大きくなると。

今までの環境で均衡していた山間部の土砂が、今までの環境が変わり、より時間雨量が大きくなる地域になると、山間部の土砂のバランスが崩れて一段と被害が大きくなるのです。

2022年9月25日 (日)

我々の命が、安く扱われなければ

A6ca99dd41c3453b86511155ebd45ec8

◯土砂搬入の件、全国を回っていて202209最後の週も某県庁に土砂災害の視察ですが・・・、
◯すでに、2人の大臣の意見書や勧告、某県知事の意見等が出ているなか、某県某町の人の命も、我が故郷の大阪府下荘地区の人の命も、同等に扱うならば、大阪府でも同様の意見が出てしかるべきだなと思う。
◯大臣意見・勧告まで教科書的に仕上げたのは、実は、某県の自民党議員団なんですよ。流石だなと思います。道のないところに道をつくる。しかも、優れた教科書として、道を拓く。とても、足下にも及びません。反省してます。

«環境アセス 小川町役場と埼玉県庁 視察 『搬入土砂意見書の教科書‼️』 全国を見ろ‼️世界を見ろ‼️徹底的に調べ上げろ‼️

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ